年数が経てば注意が必要

工具

気づいたら業者に修理依頼

水のトラブルは見た目に異常がなくても、故障が起きている可能性があります。こまめに手入れをしている家でも、年数が経てばトラブルが起こる可能性は高いです。キッチンでは主に蛇口の水が出る部分や根本から水漏れが起こります。また排水口からシンク下でのトラブルは詰まりによる水漏れ、悪臭などです。詰まりの場合、初期の段階では市販の薬でゴミを溶かして対応できますが、ひどくなると床が水浸しになるような水漏れを起こします。洗面台では給水側と排水側の水漏れがあります。排水側はゴミなどの詰まりにより、洗面台から水が漏れ出すトラブルです。給水側は水が急激に吹いて出たり、逆に水の出が悪くなったりする症状になります。特に水漏れでは注意が必要です。気づくのが遅れると洗面所の床が腐ることもあります。そしてトイレの水のトラブルとしては、本体に亀裂が入っていたり下の部分が結露していたりすることによる水漏れです。他にも便器と排水管の、結合部分のパッキンが古くなることで故障する場合もあります。またトイレタンクから水漏れを起こしている場合の、原因はタンク内の部品が古くなることで、外れていたり損傷していたりすることで起こる水のトラブルです。水のトラブルに気づいたとき、どこが故障しているかを突き止めることが重要です。しかし蛇口の締め忘れなどの基本的な原因以外は、水漏に気づいた時点で業者に修理依頼しましょう。水のトラブルは素人の判断で直ることは少なく、かえって被害が大きくなります。できれば日頃から良心的な業者を確認しておき、トラブルが起こったときすぐに連絡できるようにしておくと安心です。

Copyright© 2018 水のトラブルが発生したら専門家を呼ぼう【早めに原因の調査を行う】 All Rights Reserved.